大学院を終えて、帰国しました。

皆さま、こんにちは。
安希@日本の自宅からのレポートです。

香港大学大学院での修士課程が終わりましたので、先週日本に帰国しました。一つも授業をサボることなく、提出課題も99%提出し終え(意図的に一つだけ書かなかったエッセイがありましたが、それ以外は一応全部やりました)、全てのテスト類を受け終えました。卒業できたのかどうかはまだわかりませんが、この際、どうでもいいと思っています。

今学期は、5つの授業(うち一つは、卒業制作)を履修しました。3つの授業は、先生にも恵まれて、色々な思考を巡らせるいい機会になったと思っています。3名の先生に関して素晴らしかったのは、「コミットメント」です。先生の中に「3ヶ月でこれを教えよう」という目標があったこと。授業の準備をしてきてくれたこと。毎週決まった時間に授業に遅れずやってきて学生にコミットしてくれたこと。修士レベルの学生でも「なるほどね」と思考を巡らせることができるレベルの話をしてくれたこと。そして何より、学期の途中で授業を投げ出したりしなかったという点で、最後まで頑張って教えてくれたなと思っています。(入学する前は、先生が授業に来るとかというのは、当たり前のことだと思っていたのですが、大学の常識ではそうではなかったんですよね。大学って一般常識から完全に外れてて、そういう意味では興味深い体験となりました)

残り2つの授業は、「授業放棄」を理由に裁判を起こしたら勝てるんじゃないかというレベルのお粗末な授業でした。学期中、先生が2回しか来ない、4回しか来ない、学期中に先生が蒸発(国外転居)してしまうなど、むちゃくちゃでしたが、そうしう学校世界のストレスともやっとおさらばできるんだと思ったら、嬉しくて涙が出てきます。先生に言いたかったこと、不満は山ほどありましたが、最後までグッと口を閉じて、自分から授業を投げ出すようなことだけはしないようにという気持ちでやり遂げた9ヶ月間だったので、この段階で「腹立たしかった過去」について書くのはやめておくことにしましょう。(笑)思い出したくもないです。

なんども辞めたいと思った大学院。金の無駄遣いだったと思うし、それ以上に時間や仕事面でのロスは非常に大きかったと思います。でも、最後まで通ってしまいましたね。最後までやったことが正しかったとも思わないけれど、途中で辞めていたら、それはそれで多くのロスを抱えて、辛い気持ちを味わっただろうとも思うので、今は、まあ、いいか、という気分です。

辞めなかったことでよかったと思うのは、「辞めずに最後までやろう」と言ってくれた人たちの励ましに、最後まで続けるという形で応えることができたこと(そういう必要があったか、なかったかの議論はおいておくとして・・)。このブログからも、励ましてくださった読者さん、いらっしゃいましたね。辞める辞めないに関係なく、そういう励ましをもらうって、そんなにしょっちゅうあることではないですから。ありがたいことだったと感謝しています。

もちろん、学校にもすごく励ましてくれたクラスメイトがいます。「たとえ辞めたとしても、どんな道を選ぼうとも応援するけれど、でもあなたがいなくなったら、本当に寂しい」と言って、家に招いて美味しいご飯をたくさん食べさせてくれたり、笑わせてくれたりした友達がいます。こんな歳になって、大学院で親友ができたわけですから、そのことを考えると、この9ヶ月240万円の大学院生活を「ムダ」の一言で片付けることはできないです。

学校は色々苦しかったりもしましたが、学校の外でできた友人たちの存在も大きかったと思います。せっかく香港にきたんだし、こんな面白い友達もできたんだし、最後までやればいいじゃんか、楽しんだらいいじゃんか、という気持ちにさせてくれた友人たち。学校の外の世界がなかったら、おそらく中途退学して日本に戻っていたと思います。修士課程ということでもちろん勉強が目的だった今回の留学でしたが、香港に滞在する意義を与えてくれたのは、そうした周りにできた人のネットワークだったという気がします。

そして、よくよく考えてみたら、ノンフィクション・ジャーナリズムの世界なんて、人的ネットワークが全てじゃん?って。教科書で学ぶことなんて、プロの世界では役にたたんよ、っていうのが結論です。(笑)

そして最後に、日本から「どういう結果になってもいいと思うけど、でも、できるなら最後までやったら?もうあと少しだし(笑)」という微妙な、そしてこちらの混乱に配慮した暖かいメッセージを送り続けてくれた日本の友人たちに感謝します。
いろいろご迷惑もおかけしまして、すみませんでした。去年の今頃、東京を去る前に暖かい励ましと共に送り出してくれた友人たちに言いたいのは、え〜っと、そのうち反省会やりますので、よろしくです。

日本に帰ってこられて嬉しいです。今はとにかく、仕事がしたいです。9ヶ月も原稿書かずにいるなんて、やっぱり自分には無理だな〜って、心底思いましたし、香港大学というエリート大学のジャーナリズム学部から世界的大手メディアへの就職を目指す若者たちと9ヶ月も一緒にいたことで、なんていうか、自分の中にある雑草魂にまた猛烈に火がついちゃった感じはありますね。

香港大学大学院ジャーナリズム学科での日々は、すごく悔しかった
この悔しさを燃料にして、またバシバシ新しいプロジェクトをやっていこうと思います。
(やりたいことはいっぱいあるから!)

今は、もう、それだけです。

ではまた、ごきげんよう。
安希

Be the first to like.