新学期が始まりました

皆さま、こんばんは。
安希@学生が戻ってきて賑やかになった寮からです。

新学期が始まりました。しょっぱなから教授の呼び出しにあいまして、先学期の法律の授業の期末試験の出来がものすごく悪かったことについて、叱られてきました。しかも、今学期の卒論(卒業制作)の担当教官(指導教官っていうの?)に、法律の先生が当たってしまったんです。よりによって、彼女が当たるとは・・・・。(泣)もう、あの法律の先生と期末試験が心底辛くなって、学校辞めようかと悩んだっていうのに!(笑)

「期末試験、どうしてあんなデタラメなことをやったの?!」って叱られて、後半戦がスタートしました。勘弁してくれって思いますが、担当教官ですし、彼女が卒論を認めてくれないと卒業できないので、頑張ってごますります。本気で媚びへつらいたいと思います。笑顔と感謝と服従の精神で乗り越えたいと思います。頑張ります。

卒論以外では、4クラス履修します。今の予定では、データジャーナリズム、ドキュメンタリー映画鑑賞、デジタルジャーナリズムの事業化戦略、あと、テレビ放送を勉強します。結構面白そうなラインナップだと思いません?

本当は中国メディアの授業を取る予定だったんですが、先生がみんなアメリカ人で、アメリカから見た中国メディアの勉強はもういいやと思ったので、やめにして、私にはあまり関係ないですが、「テレビ放送」の授業を取ることにしました。ちょっと迷いましたけど、教えているマットっていう先生の評判がすごく良かったんです。(評判のいい先生なんて本当に珍しいというか、唯一評判がいい先生っていうのかしら・・)。あと、入学前のカリキュラムに書かれていたラジオ放送の授業がキャンセルになって、すごくがっかりしていたんですけど、同じように思っていた人たちと学部に問い合わせて(文句を言って)みたところ、マットのテレビ放送の授業で、ラジオ放送もカバーしてくれるという話になったんです。それなら!ってことで、とってみることにしました。

データジャーナリズムとドキュメンタリー映画は、一回目の授業に行ってきましたが、はっきり言って面白そうです。データはめちゃくちゃ大変そうですが、やりがいありそうだし、先生が頭キレッキレの若い女性なので、眺めていて(話を聞いているだけで)刺激的。グーグルで働いている現役の先生です。ドキュメンタリー映画も、とりあえず初回の授業は面白かったです。宿題(小論文やプロジェクト)が始まると、これもまた大変になるだろうと思いますが、先生オススメのいろんな映画を観まくっていればいいなんて、なんと幸せな・・・と思います。(笑)どうか、途中からつまらなくなったりしませんように、と祈りつつ・・・。

事業戦略の授業はまだ始まってません。無意味だと感じたら、他の授業に変更するかもしれないし、まだなんとも言えません。

そんな感じです。あとは、残りの香港生活を楽しむことですね。担当教官にゴマすりすりする技術なんかを学びながら、のんびり進んでいきたいと思います。ゴマすりの技術が将来一番役立ったりするかもしれないし。(笑)

ではまた、ごきげんよう。

安希

Be the first to like.


1件のコメント

  1. いい大人になってから叱られるのってけっこうキツイですよね。
    私も伝統的な友禅染の世界に入ったのが40歳のときだったので、初めの頃はかなり苦労しました。私以外はみんな15歳から入社して修行してきた人間ばかりで、関東出身も私だけだったので。

    でも逆境は力にもなりますよね。
    私は外から来た人間で友禅染の世界をまるで知らなかったから逆に会社のおかしいところがハッキリ見えたし、おまけに大人だったからワンマンな社長のやりたい放題にも意見出来たしで、まあ、さんざん喧嘩した挙げ句、今は煙たがられてアンタッチャブルな職人になってしまいましたが…(笑)

    安希さんの残りの学校生活が実りのあるエキサイティングなものであることを祈っております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。