寄稿:高学歴女子が年収212万円でもNPOで働く理由

皆さま、こんにちは。

東洋経済オンラインに寄稿しました。配信のあった日(クリスマス)の朝早く、携帯電話がピーピーいってるな〜、とは思ったものの、眠すぎたのでほったらかしてたら、この記事がヤフートピックスに出ていたらしい。みんな、なんでもかんでもあっという間に見つけちゃうんですね。早い、早い!(笑)

http://toyokeizai.net/articles/-/151362

NPOへの転職を考えている人が、結構いるのかも?なんて考えながら、次作「N男の逆襲」の構想を練っているところです。

ではまた。

安希

1 person likes this post.


1件のコメント

  1. アクセスランキング一位おめでとうございます!
    やっぱり『N 女の研究』はキャッチーだしみんなが知りたかったことなんでしょうね。
    収入の良い仕事か、それともやりがいのある仕事か?男女関係なく考えることだけど、男よりも就職状況の厳しい女性ではやりがいを求めるなら貧困は当たり前、みたいな認識がいままではあって、けれども安希さんが『N 女』で取り上げた高スペック女子が高収入の仕事を捨てて転職し、けれどさまざまな理由に突き当たり再び転職、という流れはあざやかにある問題を浮かび上がらせたのだと思います。

    次回作は『N 男』ですか?
    いや、いいんですけど、読みたいですけど、なんか間抜けな感じは否めませんよね…(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。