『インパラの朝』 出版のお知らせ。 11月13日(金)より発売開始です。

皆さま、こんばんは。
安希の本 『インパラの朝-ユーラシア・アフリカ大陸 684日』 出版のお知らせです。

開高健ノンフィクション賞を受賞した時点では「バックストリートの星たち」という仮題でしたが、変更になりました。インパラになりました。インパラです。・・・シカの仲間です。(追記:本当はウシ科のようです。間違えました)

(ちなみに、最初に原稿を応募したときは、「インパラの朝」という題名でした・・。が、編集部の意向により変更に変更が重なって遠回りをしまして・・・・・・、で・・・・・結局はもとのタイトルに収まりました。はぁ・・・やれやれです。書いた本人としてはホッとしましたが、このごたごたは何だったんだ?苦笑)

発売は11月13日(金)。一般の書店にも並ぶと思います。

ではまた、ごきげんよう。

安希

Be the first to like.


11件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。
    本日、いつものように書店に行ったところ、ふと目についた安希さんの本が気になり、ビビッと直感的に購入させて頂きました。
    まだ読み途中ですが、これからも大切に読んでいきたいと思います。

  2. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    安希さん、はじめまして。

    書店で、圧倒的な存在感を漂わせた表紙に呼ばれ、
    インパラの朝を手にし、この週末、夢中になって読みました。
    素晴らしかったです!!

    開高健ノンフィクション賞受賞、おめでとうございます。
    blogもこれからじっくりと拝見させていただきます。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    「開高健ノンフィクション賞」受賞おめでとう。

    今日16日の朝日新聞を読んだ。旅を読んでいるうち・・
    うん、どこかの国で会った名前「中村安希」たしかに
    覚えがある。しかしどこの国だかわからない。

    中央アジア?パキスタン?アフリカ?だったろうか?。
    もしかしたら本人が覚えていてくれたらと思ってた
    よりしています。

    オートバイ大型1500ccひとり旅、アフリカ一年走っ
    て昨年2008年帰国しました。5年10カ月・102カ国・
    よかったら「バイクの松尾」
    検索してください。

  4. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは、本屋さんにフラット立ち寄ったら、インパラがこっちを見つめていたので、気がついたら手にとって、購入していました。
    ちょうど1週間前にたった1週間だけインドに旅行して帰ってきたばかりだったのと、マザーハウスにも行って、ボランティアを真剣に考えている人にも会って、自分の日常とのギャップを感じていた瞬間だったので、とてもタイムリーに出会えたって感じです。
    本も素敵ですがブログも全部読みたいです。
    ちなみに、インパラは鹿の様な顔つきですが、ウシの仲間のようですよ!

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あきさんのお母さんの三重県のお友達、ふさこの娘です。いつもお話には聞いていました。本が出たと聞いて、今日12時ころ買い、面白くてもう「世界の法則」まで一気に読みました。私も2003年にアメリカから戻りましたが、こんなに違う人生を生きていたんですね。あきさんの経験を手に取れるかたちで残してくださってありがとうございます。私は秋田で年子の子育てと仕事で大奮闘中です。いつかお会いできる日があるとうれしいです。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。
    たった今「インパラの朝」を読み終えました。

    世界に出るということは、勇気がいることだと思っていましたが、人々のあたたかさが伝わってきました。

    小学校高学年の担任をしていますが、クラスに、自分の置かれている現状に満足できていない子がいます。(的確な表現ではないかもしれません。)

    でも、この本を薦めて、世界の広さを知り、どんな生活の中にも輝くものがあることを感じてほしいと思います。

  7. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめましてこんにちわ。
    ノンフィクション読みたくてインパラ購入しました。
    辺見庸など好きで読んでますが、時々男性特有の湿度が高い部分(例えば女性に対するロマンというか何というか××)が気になって・・・。
    安希さんの文章、乾燥してて好きです。それでいて映像がどんどん浮かんできますね。今後も読みたいのでたくさん書いてください!
    ただ、ブログで自分の事をおばちゃんって言うのやめてください。不愉快です。貴女がおばちゃんなら私(43歳)、おばあちゃんて言わなアカンですから(@.@;)
    人のブログをちゃんと見るの初めて、ブログ画面からメール送るのも初めてです。もし失礼があったらスミマセン。

  8. SECRET: 0
    PASS: e2b1bde9ccccab2c7ac41a04d8ede3b3
    今、図書館から借りて読んでいます。安希さんの文章力と感性の鋭さに感心しています。まだ半分ほど読んだところですが、イランでカバブサンドを噛みしめながら涙した情景に、私も何故か涙してしまいました[i:63955]

    空は滲んで膨脹し、闇が歪んで流れていった。←この文章はホントに美しいです[i:63903]

  9. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今、読み終わりました!!
    愉しげな旅と壮絶な旅、いろいろな人と会話たり、幸福な時間を頂いたり、命をかけた出来事に遭遇したり、時間をたつのを忘れ読みました!!有難うございました.

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    久しぶりに、充実した紀行を読ませて貰いました。30年ほど前、アフリカを一人で旅をしました。安希さんと同じく、トラックの荷台の枠の上に座って山奥を深夜移動中(コンゴ)、現地の人のアテンション!という忠告も空しく、木の枝に何度頭を打たれたことか。今思えば懐かしいです。
    発展途上国に対する援助の難しさ(良し悪し)もおっしゃるとおりです。現地を知らない日本の役人が、日本の基準で援助をしても、果たして意味のあることか、考えさせられます。単なる点数稼ぎで援助をするのは、むしろ、迷惑ですね。現地の生活の基準で援助しないといけない。
    今、57になりますが、また、彼らに会いに行きたい。好奇の目で見るのではなく、仲間に入れてもらうために。
    安希さんの次の収穫を期待しています。

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    世界旅行記を時々読みますが、あなたの旅行記「インパラの朝」は素晴らしい。単なる旅行記でなく、文学ですね。その純粋な感性と真実を模索する探究心、いつまでも持ち続けていてください。
    あと数年で定年となる私は、あなたに遅れること10年程になりますが、定年したらバイクで世界一周をしたいと思っています。うーーん、あなたに負けないように旅行記を書こうかな、いやいやあなたのような素晴らしい文は書けないので「インパラの朝」ならぬ「マントヒヒの夜」くらいにしよう(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。