『N女の研究』第五話:難民支援協会・小川昂子さん(前編)

『N女の研究』第五話は、難民支援協会・渉外部の小川昂子さんにご登場いただきました。

http://renzaburo.jp/contents_i/092-nakamura/005/main.html

ぜひご一読ください。

安希

Be the first to like.


3件のコメント

  1. 渋谷区の条例、成立してよかったですね!
    このシリーズ楽しみに読ませていただいています。
    今回中村さんが言っておられる「一人前の振りはするが実務能力がなく、美味しいところだけを食べ散らかす子供である」は、まさにこの国の実態を鋭く指摘していると思います。それは、難民だけでなく、外国人労働者、女性(活用は言葉だけ、実現を可能にするための制度-子育て、労働、介護等々-は、10年以上前から何もできていない=実務能力ない)、障害のある人々、そして高齢者、さらに現在まさに渦中の沖縄、フクシマ等々、すべての問題に共通ではないでしょうか。利用はするが、あとはほったらかし。
    私は、この美しい国が好きなのですが、残念ながら、先進国と言われている国の中では、子ども、あるいはベービーです。でも、皆で何とか大人にならなくては。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。