105.医療相談(ダカール)
 手足の裏に出てくる発疹が気になって、日本に遠隔診断を依頼しました。

医療関係の皆様

こんにちは、安希です。医療相談です。

症状が始まったのはもう一年近く前のことですが、時折、手のひらに発疹が出て、とても痒いのです。
思い出せる範囲では、去年春頃、ウズベキスタンで、手と足の裏に発疹が出てしばらく痒かったのを覚えています。
その後も、数回手のひらや指の側面などに赤いブツブツが出来て、手の皮が少し破れたりして、そしてしばらく放っておくと消えていきました。

次に覚えているのはジンバブエです。ジンバブエの時は、足首の周りや胴体にも少し発疹が出て、微熱が続きました。
10日ぐらい、良くなったりひどくなったりして、ひどい時の手のひらの発疹はかなり広範囲でした。
周りにも、マラリアや血便や、あとはダニにかまれて発熱した旅行者などもいて、私の場合はマラウィ湖で泳いだ後で住血吸虫の疑いもあったため、ビビッて病院へ行きました。
大使館推薦のインド人のお医者さんです。

それで結果は、「汗疹」。
手のひらをちょこっと見た程度で大丈夫かしら…、とは思いましたが、一応薬も処方されたので、そのままになっていました。
薬の効き目はおそらく関係なかったと思いますが、いつもと同じで、しばらくすると治っていきました。

そして次は、トーゴからベニンにかけて、10日くらい発疹が続きました。
日によってはかなり激しく、赤いブツブツがでて、とても痒かったです。
掻くと小さな血豆のようになることもありますが、朝になると治っています。
症状も、朝が一番やわらいで、夜にかけてひどくなります。
これは、「汗疹」ではないと思います。なぜなら、発疹が出ている国は、どこも比較的涼しく乾燥した場所ばかりで、もし汗疹なら、暑くて眠れなかったガーナやタンザニアで普通は症状がでるはずです。

今、再び乾燥したマリにいますが、足の裏に時折ですが発疹が出ます。
ただ痒いだけで、とくに健康には問題なく、治っているときは元の手足に戻りますが、少しずつ症状が悪化してきているため、ちょっと気になってメール相談してみました。
外的な要因から来る問題であれば、あと数ヶ月の旅の間だけ痒みに耐えて、悪化したら日本で皮膚科にでも行こうと思います。
ただし、もしも何かの内臓疾患の兆候が手や足のひらの発疹という形で定期的に現れているとかというのであれば話は別です。
きちんとした病院を探します。

何なのでしょうか?痒いです。ブツブツです。血豆です。
医療関係の皆様、遠隔診断にて、アドバイスをいただければ幸いです。少なくとも心配ごとが一つ減ります。(一つ減るというか、一つぐらいしか心配事などないのです。)
よろしくお願い致します。

安希

スタッフからの遠隔診断:

安希さんへ

お久しぶりです。ちょっとかゆみは大変そうですね。

アフリカなので特殊な病気があるとお手上げなのですが、お話からすると、てのひら、足の裏だけでなく、下腿、体幹部まで赤いかゆみのある皮疹があったこと、他人の使った寝具を使ったことがあること(たぶんどこかの国のYMCAで?(笑))を考えると、疥癬(ダニによる症状)が一番疑わしい気がします。
日本では老人ホームにいる人が、かゆみを訴えてくることが多いですね~。

詳細な説明、写真、利用法は以下で
http://www.iwate.med.or.jp/kaisen/kaisen2.html
ほっとくと治らないですが、薬が手に入るのかしら。。
上にでてくる、硫黄の入浴剤は有名ですね。
とりあえず清潔にすることしかないのかもしれません。
あとご心配されている内臓疾患の兆候としてでてきうる掌蹠膿疱症の可能性もありますが、話からするとなんとなく違う気がします。

詳細は以下のページの病名のところで、詳細な説明のほか写真ものっています。
他の疾患も載せてあるので、余裕があれば汗疱、疥癬のほか足に関係する疾患をみられて、あてはまるものがないかしらべてみてはいかがでしょうか?
http://www.mirai.ne.jp/~seisinc5/fbuibetu.htm

スタッフ

安希の返信:

お久しぶりです。遠隔診断ありがとうございました。
ダニが一番有力かと思います。
ネットに出ている写真のようなひどいものではないですが、常時不衛生な環境にいることと、夜布団に入ってから痒みが増すという症状が類似していて、おそらくダニですね。いやですねぇ。大きさはいろいろですが、旅人はみんなダニにお世話になっている様子です。
この後は、モロッコの南京虫とダニ(もっと大きいダニ)が最後の山場となりそうです。

今は、不衛生から抜け出せない状況(今朝も、46時間のバス、2晩のバス内泊、風呂なし、水なし、でダカールにたどり着いたところです)、なので、ヨーロッパに入って、熱いシャワーや入浴剤(硫黄)が手に入り次第、治療を開始したいと思います。
抗生物質のクリームを持っているので、痒い部位には、これを塗布してみるのもアリかもしれないですね。

不衛生が原因だなんて、老人ホームと一緒だなんて、とても悲しいですが、深刻な病気でもなさそうなので安心しました。
はやく汚い生活を抜け出すべく、ヨーロッパを目指して北上します。治療法はそれだけ。(笑)

診断ありがとうございました。

安希

Be the first to like.


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。