『運がいいですね』を分かち合いましょう

皆さま、こんにちは。
毎日天気がよくて、気持ちがいいですね。
まったく『運がいい!』。

ところで運がいいと言えば、先月訪れたインド旅行は、ま〜〜運がいい旅行でした。出だしはアクシデント続きだったものの、今までの経験から『思い通りにいかないときは、たいてい後になってもっといい結果に終わっている』ということが身にしみて分かっていたので、比較的余裕がありました。『運が良くないね〜、ってことは、これからもっと良くなるってことね』ぐらいの気分です。

それで思い出したのが、ある旅人から教えてもらった『資産家・投資家のおじさんの口癖』でした。その旅人はご夫婦で世界旅行をされていたのですが、彼らとは3回も、しかも、インド、パキスタン、シリアというまったく別々の国で、バタっと再会しました。確か3回目に再会したシリアでのことだったと思いますが、そのときに二人がドバイでの体験を話してくれました。『日本人の金持ちのおじさんに会った』と。

もちろん彼らは私と同じ、貧乏バックパッカーです。だから普通に考えたら、そんな金持ちのおじさんと出会うことはあまりないと思うのですが、たまたまドバイ経由だったのもあって出会ったらしい。そこで貧乏パッカーらしく、おじさんに聞いたそうなんですね。
『どうやったら金持ちになれますか?』って。(笑)
そしたらおじさんは穏やかに、「それは簡単だ」と言ったそうです。
『もしお金が欲しかったら、お金ください、って言えばいいんだよ。みんな喜んでお金くれるから』って。
『?』
私は意味が分からずフリーズ。彼らもきっと、おじさんの前でフリーズしたんだと思いますね。

「もうちょっとで「それなら僕にお金ください」って言葉がでかかったけど、結局最後まで言えなかった」と、旦那さんは正直におっしゃってましたが、仮に自分がその場に居合わせていたとしても「だったら私にお金ください」とは言えなかっただろうと思いましたね。それで、「お金ください話」の真意は、「いいアイデアと熱意がある人になら、投資家はいつでも、よろこんでお金をあげるよ」というところにあるので、それ自体は特別ではないと思いますが、その話の続きが面白かったです。

「見た目も雰囲気も派手さがなくて、ふつーの感じの落ち着いたおじさんやったけど、一つだけ普通じゃなかったことがあるわ」
「なになに?」
「おじさん、ことあるごとに『運がいいですね』って言うの。あれ、口癖ちゃうかな」
「へえ〜。確かに、普通はそんなこと何度も言わんからねぇ」
「ドバイってイスラムやからお酒だめだけど、たまたまビールが手に入ったからって、僕らおじさんと一緒にベンチに座ってビール飲んでて、そしたら『こんなことろでビールが飲めるなんて、運がいいですね』って。あの言葉、なんか耳について離れんわ」

その話を聞いて以来、私もその言葉が耳を離れなくなりました。

『運がいいですね』

それで今回の旅を振り返ってみると、ちょっとツキがある度に『運がいいですね』って言いまくっていたら、どんどんどんどん運がよくなっていった気がします。(笑)英語だったので、How Lucky! とか We are SO lucky!って言いまくっていた印象しかないですね。だって、ラッキーだったんだもん。

だからって別に、自己啓発本のように『運をよくするのは、あなたの心がけ一つ!日々、あなたなりの幸運を見つけましょう!』などと胡散臭いことを言うつもりは全然ないんですけれど、あの旅人さんご夫婦が『運がいいですね』の話をしてくれて、ドバイの夜景の素晴らしさや、ビールが美味しかった話を聞かせてくれて、なんだか自分まで『運がよくなった』ような気持ちになれたことを思い出したので、今日は私が読者の皆さんと『運がいいですね』をシェアします。

山の中でキャンプをしながら撮った写真。たまたま流れ星が写ってました。シャッターを開けていたわずか25秒の間に星が流れるって、いや〜『運がいいですね』。
しかも、3つ流れてると思うのですが・・・右下の短いの、これは確実に流れ星ですね。あとの二つは微妙。これ、3つとも流れ星だったら、ほんとうに『運がいいですね!』(違っていたら、ごめんなさい)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、みなさんの運気が落ちてきた頃に、『運がいいですね写真』をアップします!いっぱいあるので。(笑)

ではでは〜、ごきげんよ〜。

安希

Be the first to like.


3件のコメント

  1.  確かに三つの流れ星が…。
     流れ星を撮れるって、やっぱり運が良いんだよね。
     きれいな写真を見ることができて、運がいい!サンキュー。

  2.  良い文章ですね。
    インパラの朝」 全編に 運がいいね」が漂っていました。
    さわやかな読後・・・、
    何が残ったかなー・・・、とかはあまり考えない。
    かつてない体験をさせてもらいました。

     与論島での取材を受けたときから すっかり魅せられてしまったのです。
     是非 魚釣りに来てください。
     いっしょに出かけましょう。
     マリンやってる知り合いいますよ。
     
       みっしーく とーとぅがなし。
     森羅万象  一生の宝物にします。

  3. 竹さん、コメントありがとうございます!

    数日前に都内の某居酒屋で『有泉』を飲みながら、与論島について語ってきました。竹さんのお庭が素敵だったね、と。

    マリンスポーツよりも、釣りや磯遊びが大好きです。
    また是非、遊びにいかせてください。

    安希

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。