映画『Call Me Kuchu』とウガンダの反同性愛法案

ウガンダのセクシュアル・マイノリティと反同性愛運動を描いたドキュメンタリー映画『Call Me Kuchu』を観てきました。学生時代に学んだ『迫害のサイクル』と、その過程で使われる「孤立・誤報・恐怖」という迫害の3手順を思い出しました。上映後は、NPO法人アフリカ日本協議会の稲葉雅紀さんのお話もあり、勉強になりました。ちなみに、稲葉さんが以前シノドスに書かれていた、ウガンダの反同性愛法案に関する詳細記事はコチラ

Be the first to like.


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。